rubyエンジニアが抱えるバグの不安対策

プログラミングを行っているエンジニアが常に不安を感じているのが、バグの存在です。プログラミングの内容にミスがないとは限りません。特にプログラムの重要な部分にバグが存在した場合、正常にプログラムが作動せず被害をもたらします。rubyのプログラマーにとっても、この不安は同様に抱えています。それでもこの言語は、開発上のミスがないよう配慮された仕様を持ちます。できるだけプログラムの構造を複雑にしない工夫があり、ミスの可能性を減らせます。
またプログラミングを行うエンジニアにとって、不安解消のため繰り返しの機能チェックが重要です。組み上げたコードが予想通りに機能するかどうかについて、動作確認を行います。この際に、デバッグ用のツールが揃っていれば、確認作業がはかどります。
もし予定通りにコードが機能しなくとも、デバッガで問題箇所の特定が容易です。rubyの開発においても、強力なデバッガなど開発支援のソフトウェアがあるため、不安が軽減できます。
加えて、他のエンジニアと連携し、コードの内容をダブルチェックするのも、開発上の不安を払拭する効果があります。一人のプログラマーだけでは、思い込みにより問題箇所を見逃す可能性があります。複数の開発スタッフによりダブルチェックするのは、開発安全上の有効なテクニックです。
チェックのため多少手間はかかるものの、もしトラブルが生じたらという不安をなくす上で、有効性が高いです。